そこにより調製フィアットアバルトの2つのモデルが現在ありますが、すぐに第三があるかもしれないと思われ、それは次のようになります フィアットパンダアバルト. この可能性は、約2013年に私たちは、今年のフランクフルトモーターショーで見た新モデルの手を着くでしょう。

面白いことに、この車両のアプローチは、彼の2人の兄弟よりも小さい基であることを意図しているということなので、それを持っています それほど強力なエンジン そしてさらに、アクセス価格が安いです。

具体的に噂が未来を可能にする純正TWINAIRエンジン110馬力、の話します フィアットパンダアバルト 約8.5秒で毎時100マイルまで加速。したがって、この速度(7.9秒)にその速度が正確に等しく、彼の2人の兄弟よりも遅くなります。

復帰には、理論的には、 このモデルは、最も効率的です, その多くは、より緩やかな消費でアバルトモデルを許可することに同意します。最終的にはそれは大きな観客のターゲットに到達少ないラジカルモデルを作りについてです。

少数の妥協はそれがに似キット(外部の両方、および美学(異なるサスペンション機器より強力なブレーキとレタッチ方向性を持っていることになる)スポーツトレーニングモデルであるなされるであろうと思われるもので他の二つの売却モデル)と内側(スポーツステアリングホイールと席典型的なアバルトを取ると想定されます)。

個人的に私は完全にはかなりこのモデルを理解していないすべての純粋主義者を理解するが、我々は考慮に入れ、車のアプローチを取る必要があります。車の価格はおよそ開始します 17500ユーロ, 第アバルトモデルを受け入れるために、いくつかのことを奨励することができる兄弟(千ユーロ)よりもわずかに低い価格。

経由| Autoexpress
Motorpasiónで|新しいフィアットパンダ、フランクフルトモーターショーのための別の開口部