2013年に作成された新しい日本の企業は、単に土地と水の両方を移動させることが可能な小型電気自動車を導入し、4人の合計に内部持参しました。本 水陸両用電気自動車 それが浮かぶと水の上に移動することができ、頻繁に豪雨と洪水の対象地域で考えて開発されました。

THE FOMMコンセプトワン それは、代わりに、ステアリングホイールのバイクのハンドルバーを内側から制御されています。土地の変位は、5 kWの各の二つのモータ、正面に結合され、おそらく車輪を充電3時間後に自治の100キロにあきらめるの充電式リチウムイオン6kWh容量によって供給することにより行われます。

水はFOMMコンセプトの一つを満たしている場合には 艦隊, そのシャーシの半分だけを浸漬されています。製造業者は、FOMMもエンジンがウォータージェット圧力洗浄に耐えることができる、すなわち、任意の透過性なしで水に少なくとも24時間耐えることができる保証します。

水にスクロールするには車輪がヘリックスの一種としてその働くように設計されている同一の前輪を使用します。本来は来年に予定それは販売に置か考えられてきた最初の国の一つは、タイ、急速に電気自動車のその数が増加している新興国であり、非常に多くの場合、重いによる洪水苦しみます雨。

4人は、ただ唯一の2.49メートルの長い車両の内側コンセプトの一つFOMMフィットを輸送1.29メートル、幅460キロの重さ1.55メートル、高することができます。その見積価格は、それらの緯度です 7200ユーロ, 家賃のためにのみ利用可能なバッテリー、なし。

フルギャラリー»FOMMコンセプトワン(11の写真)を参照してください。

経由| FOMMビデオ| YouTubeのMotorpasión未来|それはジープますか?、ボートですか、ああ!、WaterCar Pantherwindow.addEventListener( 'ロード'、()関数である{$( 'ギャラリー-elastislide')。各(関数(指数、要素) {$(要素).elastislide();})})